保健事業実施計画
(データヘルス計画)を策定しました

策定の趣旨

後期高齢者医療広域連合は、被保険者の健康の保持増進のために必要な事業(保健事業)を行うように努めなければならないこととされております。

また、健康診査の実施やレセプト等の電子化の進展、国保データベースシステム(KDBシステム)等の整備により、医療保険者が健康や医療に関する情報を活用して被保険者の健康課題の分析、保健事業の評価等を行うための基盤の整備が進んできております。

こうした中、「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)において、医療保険者はレセプト等のデータ分析に基づいた「データヘルス計画」を作成し、保健事業を推進することとされました。

本計画は、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業を実施することにより、生活習慣病対策をはじめとする、被保険者の健康増進、重症化予防等を行おうとするものであります。

第2期保健事業実施計画(PDF 1,899KB)(2018年度~2023年度)

保健事業実施計画(PDF 155KB)(2015年度~2017年度)